私の趣味はパズル雑誌を解くことです。仕事を辞めて主婦となり、自分の時間が持てるようになったので何か始めようと思い、購入したのがクロスワードの本でした。
始めてみると私でも結構解けます。解けるけれど頭を使います。結果として集中できるので、気づくと時間があっという間に過ぎています。
1人で家に居ると、色々な事を考え過ぎて少し気が滅入ってしまったりするのですが、問題に集中することで余計な事を考えずに済むのも嬉しいところです。
また、パズル雑誌は問題を解き、その答えをハガキ等に書いて送れば抽選でプレゼントが当たります。これも楽しみの一つです。
まだ始めて間もないため、私は当選したことはありませんが、問題を解きながらこれが当たったらこうしようなどあれこれ妄想しています。
私が解いているのはクロスワードやアローなどが多いのですが、そのうちロジックやナンプレも挑戦してみようかと考えています。そしていつかプレゼントが当選したら嬉しいです。

普段毎日子供の世話から家事から忙しくしていると夜も結構遅くなってしまうので自分だけの時間って殆どない感じなのですが、そうなるとストレスも溜まってしまって朝起きてもイライラしていることが多くて困っています。もっと自由な時間がたくさん有ればいろいろな事も出来るのに、限られた時間しか何もできないような生活をしているので本当になんだか毎日がつまらない気もしているし、自分の時間が来た時だけリラックス出来ているような感じなので本当にもっと自分には時間が必要なのかもって思いました。子供が学校から帰ってきた時間などになると子供の世話と家事とに追われてしまうし、それまでも家事とか買い物とか本当に家のことばかりで時間を取られてしまうので毎日朝から夜までは自由な時間がない感じだし、夜も子どもが寝るまで側にいないと全く寝てくれないので結局9時過ぎてからお風呂に入ってその後やっと自由時間だし、結局1日に2時間くらいしか自由な時間ってないなって思うとちょっと悲しかったです。

誰でも自分の名称で検索したことがあると思いますが、とにかくさすが私も何度もあります。こちらに関することはさっぱり出てきませんが。過去に何か受賞したとか、犯行を犯したとか、今の店のWEBにでているですとか、フェイスブックやツィッターをやるだとかが一切ないからだ。ただ競売で自分の本名でない名称は出てきてしまうね。だいたいこれでこちらを断定できる名称でないからいいですけど。ただ世の中にはボクとおんなじ名称の奴がいて余程物珍しい名称でなければ沢山いると思います。私もボクとおんなじ名称の奴がどなたかからきし知りませんが、婚礼を挙げたウェブログが出てきて、遠くからのフォトで、こちらにクラスフォルムがにているから、私のことを検索した奴は私じゃないかとおもうんじゃないかって勝手に無駄な心配しています。きっとこれぐらいですけどね、不愉快ことは。でも果たして不愉快年代ですよね。だいたいどこかで自身自分のことを参照されていると思うと、不快ですよね。なにか恥ずかしいことがあるとかっていうんじゃなくて、知らないところで調べられて掛かるというそのことが。

毎日の企画を感じ取るのが億劫という婦人のかたが多いようですね。
また、週間の企画を敢然と立ててまとめ買いしたほうが食費の縮小になるとも聞きます。
…そんなキッパリ企画たてて決められた買物しかできないなんて、わたくしだったら食品したくなくなりますね。
私の場合は、企画なんてほとんど考えずに超絶に赴き、その日の特売品で即興で企画を図るほうが楽です。
例えば、キャベツが安かったら餃子に審判!とか(ひき肉や餃子の皮は絶えずおんなじ賃料なので)
魚が暴落していたり低いアラが出ていたりしたら、それでムニエルや揚げ物にするとか。
そういったの、宝探し感覚でおもしろいんですよ。
特売品がなかったらなかったで、いつも安く売るテーマをどんなに組み合わせて料理するか、その場で図るのとか。
逆に企画考えてそれに縛られてしまうと、エッセンスがふと高かったりしたときに凹みます。
また、何か行動があったり不快ことがあったりして、計画していた食品を仕立てるのがきつくなることもあります。
即興で考えられれば、精神的にややこしいときは簡単に焼けるものを、なんて移行も楽ですからね。

文献を書く人は案の定、自分の頭にそういった持ち味があるから起こる対話なんでしょうね。特にそうですよね、自分の頭にそういった意識がなければもちろん、出てこないですもんね。というのも芥川賞を受賞されたコンビニエンスストアそれぞれを読んで思ったのです。こういう筆者自体がコンビニで健在でバイトやるというため30勘定半ばでキャラクターも同じようで、自分のところのように感じて書いているんだろうなと思ってしまうね。30勘定にもなって成婚もしていないで未だにバイトやる、そのやましさが書かれていて、なるほど彼がそう思っているんだなあと見受けられますね。まるっきり自分の今の心境を語っているような自伝のような文献ですよね。周囲に30勘定にもなってどうしてバイトなんかやるの?仰ることが不愉快みたいな話ですので、なるほどもちろん彼も気にしているんだなあと。歪み組立てなことをきにやるんだなあと読んでいて感じますね。きっと今回の作品は自らを書いたようなものですよね。

テレビジョンをつけたら、競泳をやっていました。なので、しばし見ていました。見れて良かったです。そして、細胞について実習しました。細胞内部の仕組み物である原点、ミトコンドリア、ゴルジボディ、葉緑ボディ、液胞、センターボディなどは細胞小内臓と呼ばれます。原形出来ウェートの85%は水であり、水は細胞出来基質や細胞小内臓の中に手広く含まれます。細胞にあるものの一種、水以外のほとんどは有機物だ。有機物でやはり多いのはタンパク質であり、細胞はタンパク質からできているといっても過言ではありません。タンパク質とともに細胞を構成している脂質は精力パイオニアとしても使われます。DNA(遺伝子の自体)やRNA(DNAと迫るものでタンパク質の混合に巡る)は核酸と呼ばれる有機物だ。炭水化物は、精力パイオニアやほかの有機物の話題として使われます。脂質は、生き物ボディを構成している有機物のひとつです。水に溶けにくい気質をもちます。相当勉強になりました。

ソフトバンクで今シーズンの開幕投手を務めた和田投手が、前回の登板で左ひじに張りを感じたという事で、大事を取って次回以降のローテーションを回避することになり、その代役として松坂投手の名前が挙がっています。実現すれば日本球界復帰後初の1軍マウンドでの先発という事になります。昨シーズン最終戦に中継ぎとして登板以後、オフシーズンもプエルトリコのウインターリーグに参加するなど、これまでとは違い精力的に復帰へ向けて加速していましたが、いよいよチャンスが回ってきた感じです。松坂世代と呼ばれた同期の和田投手の代役という事で、もし実現すれば松坂投手としても気合が入るでしょう。オープン戦終盤でも長いイニングを投げて好投していることもあり、今度こそはと期待がもたれます。昨シーズン最終戦の状況ではお世辞にも復活という印象はまるでなかった松坂投手ですが、体も絞れているようですし、今シーズンにかける意気込みのようなものが感じられるようになりました。ファンとしてはどのようなピッチングになるのか興味津々です。

そばがレクレーションに来ました。
いつもは世帯の事項で出歩いていて、家事を進めているうちに立ち寄ることが無くなってしまうのを
そばは分かるので、「出かけよう、たまには外部に」と、誘ってくれたので出かけてみた。

普段は、歩いてたどり着ける範囲でしか実践をとめるので、どこに行きたいか聞かれても、迷うのが本音。
「じゃぁ、衣装を見に行こうよ!」と、進言を出してくれたので、単にクルマを走らせた。

普段は、古物商にいくことが多いので、新品を自分のために貰うのは、
実は更に、緊張してしまい、迷ってもらえなくて、次回に行くと無くなってある形がいつも。
だから、今回は、世帯の物を入れつつ、1枚だけは自分の物を含めることにしたのね。

ショーツはジーンズしかないけれど、オール旬取り扱うし、殊に買わなくてもいいかな。
ロングスカートもいいけれど、下っ腹が出てきているのが気になってしまって、はからずも穿け無い。
愛くるしい衣装は世帯に狙われて仕舞うし。

なので、サマーニットのノースリーブのTシャツを一枚選んだ。
グレーだけど、まだまだ明るめの色つやでロング伸長。
そばもおんなじものを選んでいた。
お揃いになってしまったけれど、まぁいいかね。
夏物のセールで、1000円以下で買えたのも望ましい♪

世帯の物を中心にショッピングするので、自分のショッピングはちょっとだけ緊張するけれど、
自分のためにショッピングをするのは相応しいものですねぇ。