近頃、断捨離やミニマリストなどという持ち物を減らしてシンプルに暮らそうという人が増えてきているようです。持ち物を減らすと心に余裕ができて、イライラしなくなるらしいということなので、それはステキと思い、とりあえずクローゼットを開けてみました。もう何年も来ていない服や、高校の時に使っていたテニスのユニフォームだったり、今は絶対買わないであろうカラーのショートパンツや、飼い猫にかじられても高かったからという理由でかけてあったウールのコートやら、結構来ていない服がクローゼットを占領していました。意を決して1年間着ていない洋服はすべて処分しよう、良く着る1軍の服だけ残そう、そう決めて仕分けしていきました。もともとそんなに服の数はない方だと思っていましたが、処分する洋服は75Lのごみ袋3袋分にもなりました。売れるかわからないけど、リサイクルショップに持って行ったところ、700円くらいでした。それはそれで結構を落ち込みましたが、スカスカになったクローゼットがとてもいい感じに見えてきて、ハンガーをすべて同じものに揃えてみたところ、またさらにステキクローゼットになりました。年を重ねるごとに、シンプルがいちばんなのかもしれない、と気づき始めていた私は、1軍の服をも入れ替えることにしました。1着買ったら、1着処分するといった感じで。するとおもしろいことに、白・黒・グレー・ベージュといった4色のクローゼットが出来上がりました。これがいわゆる、私の好きな色で、私のセンスなのかも・・・。私はやっぱりシンプルが好みみたいです。トップス3着、パンツ3着で、結構コーディネートできるんですよね。服を増やさないようにすると、買う時にとても真剣に考えるし、洋服の扱いにも気を付けるようになります。おかげで、被服代が節約できるようになりました。いいことづくしです。フランス人は10着くらいで着まわしているとか聞きますが、とても洗練されてておしゃれに見えます。私にもできる!!とフランス人(の考え)を目指してシンプルにいきたいと思います。