私の学生時代、学校の生徒一人一人の学業の能力を計るものさしの一つとして、「偏差値」という制度がありました。 学校側は、定期的に行われていた学力テストの成績の良し悪しを、この「偏差値」の数値によって生徒たちの学力レベルを示していました。 今ではこの「偏差値」制度が存在するのかわかりませんが、私が現役のときには「偏差値」によって進学する、受験する高校を決めていました。 私は中学3年生の受験シーズンの時期にこの「偏差値」によって苦い思いをさせられた経験がありました。

「偏差値」の数値を生徒一人に示すために、事前に必ず「学力検定テスト」が行われました。 この学力テストの成績によって、個々の学力のレベルを明確にする「偏差値」が言い渡されました。 私は第1回学力テストで散々な点数を取ってしまい、低数値な「偏差値」をもらってしまいました。 のちに開催された担任の先生と親との3者面談の場においても、「このままでは希望の高校を受験するのは厳しいかもしれません」とはっきり言われてしまいました。 その日から私は、一生懸命勉強と向き合いました。そして受験前の最終学力テストにおいて私は、実力以上の点数を獲得し先生からも、「何とか希望の高校を受験できるかも」と第一希望の高校受験の了解をいただくことができ、見事高校受験に合格することができました。

今、振り返れば、「偏差値」の数値が私を奮い立たせてくれたような気がする、懐かしい「偏差値」による思い出です。全身脱毛 おすすめ サロン